「未分類」カテゴリーアーカイブ

仮想通貨の適切な売り時

仮想通貨は、保有する事自体は簡単です。一旦は仮想通貨を買えば、とりあえず手元に保有する事はできます。問題は、その仮想通貨の売り時です。利益率を伸ばせるかどうかも、売り時次第なのです。

仮想通貨の売り時

仮想通貨は、ずっと保有し続ける事も一応可能です。万が一に備えて、とりあえず仮想通貨を持ち続けている方も少なくありません。しかし、もちろん一生涯保有し続ける訳にもいきません。
ある意味、株と同じです。株券の場合は、いつか売却しなければなりません。株券のままの状態では、現金として使えないでしょう。買い物する為には現金が必要ですから、どこかのタイミングで株券を売却する必要はあります。一旦はその券を売って、現金に換金する訳です。
難しいのは、その株券を売却するタイミングです。早まってしまいますと、利益が限定されてしまう事もありますから、注意が必要です。仮想通貨もそれは同様なのです。

トレンドを追跡しながら売り時を探る

例えばある時のコインのレートは、600円だったとします。今後はそのコインの価値が上昇していくと予想したので、とりあえず600円の時点で買い注文を入れました。
そして予想していた通りに、コインのレートは上昇してくれました。ひとまず650円になってくれたとします。
この650円というタイミングで売却すれば、一応は50円分の利益を稼ぐ事はできます。しかし長期的に見てみると、もう少し待ってみる方が良い事も多いです。
というのもコインのレートは、もちろん上昇する可能性もあるでしょう。現時点では650円になっているものの、今後は750円や900円になる可能性もあります。900円になってから売る方が、明らかに利益額も大きくなります。
ですから人によっては、仮想通貨のトレーニングストップという機能を活用していることがあります。トレンドを追跡できる注文方法ですが、上昇トレンドなどで稼ぎたい時には非常に便利です。そのトレーニングストップの注文を入れておいて、様子を見る方法もあります。

損失に関する売り時

また売り時と言えば、損失確定もあります。そもそも買った時は600円のコインも、下落するケースもあるでしょう。500円台や400円台に下がるケースも、実際あります。
状況によっては、その400円や500円などのレートで売ってみるのも悪くありません。今後はレートも下がる可能性もありますし、損失が拡大するのを防げるからです。
上記のように、仮想通貨には色々な売り時があります。適切な売り時を見極めるために、日々勉強に励んでいるトレーダーも多いです。