「未分類」カテゴリーアーカイブ

投資信託よりもFXで積み立てるのがおすすめ

銀行にお金を預けている方は、利息を高くしたいと思っている事もあります。普通預金ですと、利息の数字はあまり高くありません。それだけに積み立ての商品が検討される事もありますが、FXあたりを検討してみると良いでしょう。

投資信託による積み立てのデメリット

積み立てる商品も色々ありますが、その代表例は投資信託です。証券会社などで口座開設して、毎月コツコツとお金を積み立てていきます。
毎月少しずつお金を積み立てるだけでも、意外とお金を増やせるケースも多いです。毎月5,000円ずつ積み立てていけば、10ヶ月で5万円になるでしょう。将来に備えて、積み立て商品を検討している方も少なくありません。
ただ投資信託ですと、手数料は少々高くなってしまう事も多いです。投資信託は3種類の手数料を支払う事になりますから、毎月のコストも軽視できません。
また投資信託は、必ずしも運用が順調に進むとは限りません。運用が不調であれば、含み損になってしまう可能性もあります。

少額でお金を動かせるFX

それを考慮すると、むしろFXの方がおすすめです。FXの場合、投資額に関するメリットがあります。
FXの場合、投資信託よりも少ない金額で問題ありません。投資信託ですと、毎月数千円ぐらいは積み立てていく事になります。
ですがFXの場合は、数百円ぐらいでも問題ありません。南アフリカランドなどの外貨で運用する分には、500円ぐらいで済みます。FXの業者によっては、もっと少ない金額で運用する事もできます。投資信託よりも少額な投資が可能なのです。

FXの方が手数料は格安

そしてFXは、上述の手数料に関するメリットがあります。このメリットは非常に大きいです。
FXの場合、まず入金する時に手数料がかかる事はありません。殆ど全ての金融会社は、入金手数料を無料にしています。しかもオンラインで、24時間いつでも入金可能なのです。入金だけでなく、出金手数料も無料になります。
ましてFXの場合は、解約手数料も発生しません。投資信託ですと、比較的高めな解約手数料がかかる事も多いですが、FXにはそれもありません。

ポジションを複数保有すればリスクを抑えられる

ただしFXにもリスクはあります。そこは投資信託と同様ですが、それも売買手法を工夫すれば問題ありません。一気に多くの枚数を投資するのではなく、複数のポジションを多数保有するよう配慮すれば、かえって投資信託よりもリスクを抑える事もできます。
レバレッジさえ配慮していれば、比較的確実に稼げるので、積み立てはFXの方がおすすめです。毎月コツコツとFXの業者に入金してみると良いでしょう。